アパート経営という名の相続税対策

title

トップ > 相続税対策 > アパート経営という名の相続税対策

アパート経営という名の相続税対策

2015年の税制改正により、相続税が増税されることになりました。
相続税の納税対象者も大幅に増えることになり、相続税対策がより一層重要になる時代が到来しています。

相続税対策にはさまざまな方法がありますが、よく知られているのがアパート経営による対策です。
不動産を相続すると納税義務が生じますが、その評価額は更地の状態やマイホームが建っている場合よりも、アパートが建設されているほうが評価額が下がるのです。
その結果、相続税も減少することになります。

またアパートを銀行からのローンで建設した場合は、さらに相続税を減らすことができます。
相続時点でのローン残高は相続財産から差し引かれることになっていますので、その分、納税額を減少させることができるのです。

更地を相続した場合でも、アパートを建設すれば相続税の評価額が下がる仕組みになっていますので、相続の機会にアパート経営を考えてみてもいいでしょう。

またアパート経営をすれば、当然ながら家賃収入を得ることができます。
家賃収入を蓄えておけば、それをそのまま相続税の納税資金として利用することができますので、現金を確保しておくという意味でも有効です。

納税額を軽減できるうえ、資金も確保できる、アパート経営はまさに一石二鳥の優良な相続税対策といえるでしょう。

ただし、アパート経営はあくまでも経済活動です。
単純に相続税対策として考えていたのなら、あとあとで後悔することにもなりかねません。

長期間経営することを考えると、修繕費の確保や空き室対策などさまざまなリスクへの対処も考えておかなければいけません。

また賃借人がいると売却するのも難しくなりますので、その点についてもしっかりと考慮しておく必要があります。

トップ > 相続税対策 > アパート経営という名の相続税対策

ページトップに戻る