相続税対策として現金や預貯金を不動産化する方法

title

トップ > 相続税対策 > 相続税対策として現金や預貯金を不動産化する方法

相続税対策として現金や預貯金を不動産化する方法

亡くなった人から相続をする財産が現金や預貯金であった場合、相続税を計算するにあたっては、現金や預貯金の金額そのものを適用しなければなりませんが、もしもその財産が土地や建物といった不動産であった場合、かならずしも不動産売買で取り扱われる実勢の価格というわけではありません。

現金や預貯金をあらかじめ不動産に換えておけば、相続税の計算のあたっての評価は、現金や預貯金のままのときよりも大幅に低くなることが多く、相続税対策としてはよく利用される方法です。

相続税を計算する際の建物の評価は、市町村の税務課で決定をした固定資産税評価額が適用されることになります。

また、土地についての評価は、税務署が毎年公表している路線価図をもとにして、その土地が面している道路の路線価とよばれる単価に土地の面積を掛け算することによって得られた評価が原則となります。

間口が狭い、奥行が長い、がけに面しているなど、土地の形状や立地環境に応じて減額されることがあるほか、路線価が付かない地方にある土地については、倍率方式とよばれる別の方式で評価をすることもあります。

しかし、いずれにしても土地や建物の評価というのは、実際の価値よりも7割程度に低く見積もられているといわれていますので、相続税対策としてはきわめてメリットが大きいということができます。

なお、相続税対策という場合に、無理をして土地や建物を購入し、慣れない賃貸マンション経営などをはじめるケースもあるようですが、単に相続税対策というのであれば、土地を購入して自宅を建築するというだけでも立派にその役目を果たします。

また、賃貸であってもみずから経営をするのではなく、デベロッパーに建築から管理までのいっさいを委託するというパターンも選択肢としてはあるのです。

トップ > 相続税対策 > 相続税対策として現金や預貯金を不動産化する方法

ページトップに戻る