相続税路線価とは?土地の評価額の計算方法とシュミレーション

title

トップ > 相続税について > 相続税路線価とは?土地の評価額の計算方法とシュミレーション

相続税路線価とは?土地の評価額の計算方法とシュミレーション

「相続税路線価」は、相続税や贈与税の算定基準となる価格で、国税庁が示します。

土地の値段には、他にも、売買の取引時価である「実勢価格」、不動産鑑定士の評価を参考にして国土交通省の土地鑑定委員会が決定する「公示価格」、市町村が決める「固定資産評価額」などの種類があります。

相続税路線価は実勢価格の70〜80%で、毎年1月1日が評価時点で8月上旬ごろに公表されます。
相続税や贈与税は、路線価方式で計算しますが、路線価は全国の主要な市街地の道路に設定されるもので、設定されていない場合には、固定資産評価額を使います。

固定資産評価額は、相続税路線価より低い水準になっているため、何倍かにすることになっています。

これを倍率方式と呼びます。
路線価と倍率は、国税庁が運営する路線数図等閲覧コーナーで閲覧できます。

では、土地・建物の評価方法のシュミレーションをしましょう。
路線価のある土地の場合の計算式は、「路線価×面積=評価額」です。
ただし、角地や不整形地、二方道路など特別な条件があれば補正を行います。
路線価のない土地の計算式は、「固定資産評価額×倍率=評価額」です。建物は、固定資産評価額と同じ額が評価額になります。

例として、自宅が1つの道路に面していて、路線価が35万円で面積が180平方メートルの場合をシュミレーションすると、評価額は6300万円になります。

相続税は、評価額をもとにして課税標準額を出し、税率をかけたものです。
ただし、相続するのが配偶者や同居していた子どもの場合には特例が使えますので、要件を満たせば、シュミレーションした評価額を80%減額できます。

路線価は実勢価格よりも低い場合が多いので、現金より土地で持っていた方が相続税は安くなりますが、売買取引価格は変動しますので、場合によっては路線価の方が高くなることもあり得ます。

トップ > 相続税について > 相続税路線価とは?土地の評価額の計算方法とシュミレーション

ページトップに戻る