相続税対策として保険や生前贈与を

title

トップ > 相続税対策 > 相続税対策として保険や生前贈与を

相続税対策として保険や生前贈与を

財産は多いほうがいい、自分で死ぬまで誰にもあげない、そんなふうに考える人もいます。しかし、人間、いつかは必ず誰かの世話になります。

入院したり、施設に入ったり、認知症で何もわからなくなることもあります。
そうなる前に子どもや親族に自分の財産を把握してもらったほうがいいでしょう。

昔は相続人が3人なら8000万円までは相続税がかかりませんでした。法律がかわり、今は3人なら4800万円以上は相続税がかかります。

税率は少ないと20%ぐらいですが、財産が多いほど税率も高くなります。
財産が多い人は相続税対策として、少しでも自分の財産を減らしましょう。まずは、配偶者や子どもたちに生前贈与しておきます。
毎年、110万円までなら贈与税はかかりません。

貯金の多い人は毎年、子どもに110万円あげているという人もいます。
教育費がかかるころは、とてもありがたいことです。

家やマンションをを新築するときに援助してあげてもいいです。
土地やマンションを所有しているなら、少しずつ子どもに生前贈与しましょう。

生前贈与されたほうは、いくらか土地取得税を払うことになります。
これはその翌年の3月15日までに確定申告しなくてはいけません。

保険は税金がかからないので、配偶者と子どもが受取人の保険に入っておくのもひとつの相続税対策です。
孫に学資保険などをかけてあげると、とても喜ばれます。今は孫のためにかける学資は贈与税がかからない商品もあるようです。

相続材対策として、余っている土地があるのなら、借金してマンションを建てる方法もあります。
あるいは、古い借家を壊して、マンションに立て直してもいいです。

財産とは、現金、株券、土地、建物、を合わせたものから借金を引いたものになります。
よって、借金をしておけば、全財産が減り、相続税も減ります。

相続税対策をしておかないと、亡くなった日から、10カ月以内に相続税を払わなくてはいけません。
莫大な税金を払うことのないように、いろいろ勉強したり、専門家に相談しておくのが賢明です。

トップ > 相続税対策 > 相続税対策として保険や生前贈与を

ページトップに戻る